はらぺこあおむし

我が家のはらぺこあおむしたちと日々のできごと、ひとりごと

  はらぺこあおむしのナビゲーター   トップページ > 国際云々関係  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パスポート

2009 - 04/03 [Fri]

イギリス側のパスポートができました。
pass2.jpg

先週の金曜日に申請に行ったのに、なんと水曜日には届きました。
週末も挟んでいるのにスゴイ!
日本のパスポート申請よりも時間かかってない気がします。
早い仕事もやればできるじゃんイギリス人。なーんて。

ちなみにサイン欄ですが、日本の場合は親の代筆らしいと聞いていますが、イギリス版では

”Holder is not Required to Sign”

とサイン欄に記載されていました。
そうよねぇ、赤ちゃんだから書けないからって親が代筆しちゃったらサインの意味って?って感じもするし。
あおむしくん、イギリス側の出生届けにはダンナの苗字のみで登録されているのでパスポートの名前も

”Taro Smith”

のように記載されていますが、ちゃんとウラには

passのコピー

と、ワタシの苗字の記載もされていました。
ワタシのパスポートにカッコ書きでダンナの苗字が入っているけどそんな感じかな?
とくにそういうふうにしてくれって頼んだわけではなさそうですが、親の結婚証明書や戸籍謄本なども提出したようなのでそうなったのかな?
(イギリス側の手続きに関してはノータッチだったのでよくわかりません^^;)

次は日本のパスポートの手配しなくっちゃ。


大使館近くの公園で初めてのぶらんこに挑戦
pass3.jpg
まー、今までにないぐらいいい写真うつりですな

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

久々に夫婦でDVDを借り、子供を寝かしつけてゆっくりタイムを過ごしました。
ホットファズ
HotFuzz.jpg

写真はとてもオソロシイ感じですが、かーなりイギリス小笑い満載で、個人的には好かんアクションを含んでいるにもかかわらず、久し振りに大笑いした一品。
前半は超イギリスっぽいです。
後半は???って感じでしたが、また見たいと思いました。


クローンウォーズ
51b3dO7PN5.jpg
スターウォーズエピソード2の番外編?とも思えるアニメバージョン。
キーキャラクターであるジャバの息子を見ていると、なんかあおむしくんをおもいだしちゃったり。

スティンキィですが、なにか?
stink.jpg





スポンサーサイト

厄介なミドルネーム

2008 - 10/12 [Sun]

今回はダンナのハナシ。

ダンナの名前は、ファーストネーム、ミドルネーム、そして苗字。
だけどミドルネームってあんまり使わないようで、よっぽどの書類を書くとき以外は省略しちゃったりしているようで。
イギリスではそんななーなーでも問題なく過ごせるようです。

しかし日本ではそーもいかないことが多々。
ほとんどの身分証明が必要で記入した書類はガイジンカードに記載されているパスポートと同様のミドルネーム入りなので、銀行口座の名義もミドルネーム入り。
しかしなぜか職場で発行してもらった保険証はミドルネームが入っていない。
入社の手続きの時に身分証は提出しなかったのか?
それとも社会保険担当者の手続きミス?
それともそれとも入社の書類にミドルネームなしで登録したの?

今回の問題はコドモが生まれ、出産一時金の申請にあたり保険証の名義と銀行の振込口座名義が異なっているため支払ができないとのこと。
かといって保険証の名義を変えるでもなく、はたまた銀行口座名義を変更するのは難しいだろうとのことで、代理である妻、つまりワタシの銀行口座へ振り込みする手続きをしましょう、ということに。
妻ですが夫婦別姓のため苗字違うんですがそのへんは大丈夫みたいなんですねー。
まったくシステムがわからんです。

その点イギリスは戸籍みたいなモトとなる書類がなかったせいか好きな時に好きなようにミドルネームをつけたりつけなかったりしていたようです。
同様に私の苗字も日本関係には日本名、年金カードなどには複合性、病院、その他会員カードなどにはダンナ姓と使い分けたりできたのですが。

それ以前にもニッポン生活の中でミドルネームがらみの面倒が多かったので、しばらく日本に住むであろうワタシたち、コドモの名前にはあえてミドルネームなしにいたしました。
ま、使う当人が毎回ミドルネームを使うなら使う、使わないなら使わないできちんとしておけば全然めんどうじゃーないんでしょうけど、あれ?あの書類はミドルネーム入れたっけ?ってな感じで自分の名前管理が面倒そうな人にはない方がよろしいようで。

ダンナいわく、日本は細かすぎる!と日本のせいにしてましたがね。




イギリス人として。

2008 - 10/04 [Sat]

日本では生後14日以内に出生届を提出しなければならないので、こちらの方は退院当日に提出してきました。

で、イギリス側は?というと、40日以内に英国大使館へ必要書類を提出することによって出生届ができるそうで。

あまり調べものには積極的ではないダンナも自分の息子がちゃんと英国籍の人として扱われるために珍しくいろいろと調べてがんばって動いてくれました。
(イギリスにいたときもこれぐらい頑張ってくれたらワタシのストレスが少なくて済んだのに…)

◎準備した必要書類◎

・出生証明書記載事項証明書
 (大使館は出生証明書の原本を持ってこいというけれど、これは役所に提出しなければならないので、役所に提出する際に「出生証明書原本もしくは出生証明書載事項証明書が必要なのですが」というと有料で出生証明書のオフィシャルコピーを発行してくれるもの)

・英国人親(ダンナ)の出生証明書(birth certificate)
(これは英国にいる家族から手配してもらい取り寄せるか、英国大使館でも手配してもらえるよう。)

・日本人親(ワタシ)の戸籍謄本
(日本側の出生届を出した後で子供の名前が記載されていること。またダンナが夫であることも書かれていることにより、結婚証明書が不要になります)

英国大使館のHPから入手できるアプリケーションフォーム

ぐらいだったかなぁ?詳しくは英国大使館HPで確認できます。
(なぜか日本語サイトには上記の詳細がありませんでした。あたしゃ、よー読まんわ)

◎かかった費用◎
・出生登録費:19,320円(£92.00)
・出生証明書発行手数料:12,390円(£59.00)

ぼったくりやん怒

ちなみに証明書は当日発行できないので1週間後ぐらいに取りに行くか、700円分の切手を返信用として渡しておくと郵送してくれます。(ウチは郵送してもらいました)

ま、これであおむしくんもばっちしイギリス人。
IMG_2728.jpg

あとは落ち着いたら(首が座ったら?)パスポート写真撮って両国のパスポートもつくらなくっちゃ。
二重国籍だけにかかるお金も2倍2倍涙

 | HOME | 

プロフィール

まるむ

Author:まるむ
イギリス人ダンナとの間にコドモら誕生☆
コドモらがワタシの怪しい英語を吸収する前に今更だけどエイゴの勉強しなくてはと思い始めた今日この頃。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

あんちゃん

*script by KT*

妹子ちゃん

script*KT*

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Visitors

free counters

リンク

ブログ翻訳

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。